「スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム」の実証実験を開始

YPBIZヨシダ印刷
「スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム」の実証実験を開始
~生産現場の常識を変える:機器オペレーターが自ら機器をメンテナンス~
株式会社NTTデータ ニューソン
      ヨシダ印刷株式会社
    株式会社NTTデータ北陸
 株式会社NTTデータ ニューソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸村 元久、以下NTTデータ ニューソン)、ヨシダ印刷株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:吉田 克也、以下ヨシダ印刷)と株式会社NTTデータ北陸(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:増田 成利、以下NTTデータ北陸)は、株式会社NTTデータのR&D成果を活用して開発したNTTデータ ニューソンのソリューション「スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム」の実証実験を7月3日より開始します。
 この実証実験では、生産現場で各種機器を利用しているユーザー側の機器オペレーター自身がスマートグラスを装着し、遠隔地にいる機器メーカーの保守サービス員からの指示・サポートだけでメンテナンスを実施します。この取り組みにより、機器メーカー側は保守サービス員を派遣する負担が減り、またユーザー側は現場の機器オペレーターのノウハウレベルに左右されず機器の早期復旧が可能になり、双方メリットを享受出来ることが期待されます。
 今回の実証実験は三社協業の第一歩となり、今後はこの検証結果を遠隔作業支援システムに反映して実運用につなげ、北陸地方の機械メーカーを中心としたユーザーへの展開を目指します。

 実証実験の詳細は、以下のファイルをご確認ください。

「スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム」の実証実験を開始
本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ先
ヨシダ印刷グループ・ワイピービズインプルーブ株式会社
西野(にしの)
電話:076-245-9550
製品・サービスに関するお問い合わせ先
ヨシダ印刷グループ・ワイピービズインプルーブ株式会社
西野(にしの)
電話:076-245-9550
ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている内容は発表日現在の情報です。
その後、予告なしに変更される場合がございます。予めご了承ください。